ブリスベンのお勧め語学学校 ー 費用と選び方・人気学校を比較

語学学校選びを制すものは、ブリスベン留学を制す!ブリスベン留学を大成功させるための語学学校の選び方と、タイプ別のお勧め語学学校を紹介します。初心者にお勧めの学校、短期留学・長期留学それぞれにお勧めの語学学校、キャリアアップに効果的なコースや大学生にお勧めのアクティビティが豊富な学校などの一覧を比較しながらご紹介。また、ブリスベンの語学学校に通った際にかかる費用や、生活スケジュールも解説します。

ブリスベンの語学学校の特徴

ブリスベン語学学校
Griffith English Language Institute

ブリスベンの語学学校は、主に大学付属の学校と、私立の語学学校にわかれます。

授業は、「マンツーマンレッスン」「グループレッスン」の2種類があります。

学校の中には、TOEICやTOEFLの試験対策、ビジネス英語の習得に取り組むコースもあります。

母国語禁止(English Only Policy)に力をいれている学校が多いため、英語学習に集中でき、短期間でも英語力アップが期待できます。

ブリスベンの語学学校費用相場

ブリスベンの語学学校に1年間通った場合、費用相場の目安は以下の通りです。

入学金1〜2万円
授業料144〜250万円
テキスト代1〜3万円

合計146〜255万円

1日のスケジュール

ブリスベン語学学校
International House Brisbane - ALS

ブリスベンの語学学校における1日のスケジュール例を紹介します。
※1授業90分、休憩15分とします。

7:00起床
8:00朝食
8:30登校
9:00〜10:30授業(リスニング)
10:45〜12:15授業(ライティング)
12:15〜13:15友人とカフェテリアにてランチ
13:15〜14:45授業(グループディスカッション)
15:00〜16:30授業(マンツーマンでスピーキング)
16:30〜18:00放課後に授業の復習
18:00帰宅。夕食を済ませて翌日のレッスンの予習

語学学校のコース例

ブリスベン留学で入学できる語学学校のコースやプログラムを紹介します。

マンツーマンレッスン

講師と1対1で、発音や文法、リーディングを学習できるコースです。

1対1のレッスンのため、英語を話すことに抵抗がある人でも勉強しやすいです。

また疑問をすぐに解消できるため、基礎力が身につきやすいです。

グループレッスン

10〜20人のグループで受講するレッスンです。中学や高校の授業と似ており、ディスカッションや発表、グループワークが多いです。

TOEIC / TOEFL / IELTS特化クラス

TOEICやTOEFL、IELTSの資格試験の対策をしてくれるコースです。これらは大学入学に欠かせないため、長期留学を希望する人には欠かせません。

基礎の英文法から試験対策まで教えてくれるため、効率よく学習できます。

アクティビティコース

ブリスベン市内の観光やツアーに参加しながら、英語を学ぶコースです。

買い物やアクティビティを通してコミュニケーションをとるため、実際の生活で使う英語が身につきやすいです。

バリスタコース

英語学習と、バリスタになるための知識を学ぶことができるコースです。

ワーキングホリデーを利用し、アルバイトと両立して学ぶ人もいます。

語学学校の選び方

ブリスベン語学学校
SPC Brisbane

語学学校の選び方を3つ紹介します。

留学の目的にあったコースがある

留学の目的は人それぞれです。

そのためTOEIC対策や大学留学の準備など、目的にあわせて学校やコースを選ぶことが欠かせません。

目的にそった学習内容の方が、TOEICのスコアアップの目標を達成しやすいからです。

目標や目的をもとに、入学したいコースや学校を考えてみてください。

日本人の割合が少ない

ブリスベンはシドニーやメルボルンと比較すると日本人が少ないエリアです。

しかしその中でも、日本人が集中する語学学校もあります。

短期集中で勉強したい場合は、日本人の少ない学校を選びましょう。

エージェントや学校のホームページから確認できることが多いです。

予算内で通うことができる

学費は語学学校によって異なります。

目安は150万円ほどですが、設備や学習内容に力を入れている学校では200万円をこえることも。

また授業料が高いのに設備が古い、レッスン数が少ない可能性もあります。

予算と希望する学習環境にあわせて、学校を選んでみてください。

留学初心者にお勧め

留学初心者にお勧めの語学学校を紹介します。

ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジは「読む、書く、聞く、話す」のレベルをそれぞれチェックして、個人のスキルにあったコースやカリキュラムを用意してくれます。

そのため初心者でも、自分の強みと弱みを効率よく学習し、総合的に英語力をアップさせることができます。

またブリスベンだけでなくゴールドコーストにもキャンパスがあり、学生同士の交流もあります。

1週間、1ヶ月の短期留学にお勧め

1週間や1ヶ月の短期留学を希望する人にお勧めの語学学校を紹介します。

インパクト・イングリッシュ・カレッジでは徹底的に「母国語禁止(English Only Policy)」に取り組んでいます。

学校では常に英語でコミュニケーションを取ります。

そのため英語初心者や苦手意識のある日本人でも、スピーキング力を短期間で伸ばすことができるでしょう。

基本的にはグループレッスンですが、困ったときや気になる点はマンツーマンレッスンで指導も可能です。

1年以上の長期留学にお勧め

1年以上の長期留学にお勧めの語学学校を2つ紹介します。

ブリスベンにあるグリフィス大学付属の学校です。

大学留学を目指す留学生が多いため、落ち着いた環境で英語力を伸ばすことができます。

また日本人が少なく、アジアなど世界各国からの学生が集まっており、日本語を話す機会が少ないのもポイントです。

大学留学はもちろん、ワーホリやインターンシップを考えている人にもお勧めです。

オーストラリア最大級の語学学校のブリスベンキャンパスです。

日常会話だけでなく、IELTSやTOEICの資格試験の対策にも対応。滞在も学生寮ではなくホームステイが中心のため、放課後も英語を使う環境で勉強できます。

校内で英語を使っているか、母国語を話していないか見回りもあるため、再び集中して勉強したい留学経験者にもお勧めです。

キャリアアップしたい社会人留学にお勧め

キャリアアップを目指す社会人にお勧めの語学学校を2つ紹介します。

英語とほかの勉強もできる学校です。

そのため留学生は専門スキルの習得やTOEIC、IELTS対策など自分の目的に集中して勉強できます。

また10代の学生と20代以上の学生とでキャンパスがわかれているため、30代以上の社会人でも落ち着いて英語学習に取り組むことができます。

この学校では、ビジネス英語コースを用意しています。ここで学んだ英語をもとに、MBA留学を目指すことも可能です。

また用意されているのは、英語学習のコースだけではありません。

オーストラリアの就活事情を学ぶプログラムも用意されています。

履歴書の書き方や面接のポイント、ビジネスマナーも教えてくれるため、海外就職を考えている人は学校で就活対策ができます。

アクティビティも楽しみたい!大学生留学にお勧め

オーストラリアでアクティビティや観光も楽しみたい大学生にお勧めの語学学校を紹介します。

アイエルエスシー・オーストラリアは、授業で身につけた英語を活かすことができる環境として、ボランティアやアクティビティを積極的に用意しています。

たとえば森林掃除やカラーランなど、ジャンルは問いません。

参加できるアクティビティが多いため、自分にあうものが見つかりやすいです。

ブリスベンとメルボルン、語学学校行くならどっち?

学費が安いのは?

メルボルンとブリスベンの1週間における語学学校の学費相場を、それぞれ比べてみましょう。

ブリスベン4.5〜9万円
メルボルン3.9〜7.8万円

※費用には入学金、授業料、教材代が含まれています。

メルボルンは語学学校の数が多いため、価格競争が起きており、ブリスベンよりも学費が安い語学学校が多くあります。

ブリスベンは学校の数は少ないですが、競争が激しいため、英語教育の質が高まりつつあります。

物価はメルボルンよりもブリスベンの方が安いため、総合的な留学費用はブリスベンの方が抑えることができます。

特徴・メリット比較

ブリスベンとメルボルン、ぞれぞれの特徴やメリットを紹介します。

ブリスベン

  • 気候が年間を通して温暖で、過ごしやすい
  • メルボルンより日本人が少ないため英語力を伸ばしやすい
  • モダンでおしゃれな雰囲気がある
  • 街がコンパクトで生活しやすい
  • ビーチのあるゴールドコーストまでアクセスしやすい

ブリスベンは語学学校やホストファミリーの数は少ないですが、日本人があまり多くありません。

英語教育のレベルも十分なもののため、英語力アップに集中できます。特にTOEICなど、資格試験に集中したい人にお勧めです。

メルボルン

  • メルボルンの気候は日本のように四季がある
  • 受け入れ先となる語学学校やホームステイ先の数が多い
  • 都会のため遊ぶ場所や観光地が多い
  • 住みやすい都市ランキング」で1位の経験あり
  • オーストラリア人だけでなく、アジア系や中東系の多国籍な雰囲気を感じる

メルボルンは物価がブリスベンよりも高いものの、観光地が多く、遊ぶ場所もたくさんあります。 

また多国籍なエリアのため、外国人の友達ができるチャンスも多いです。

多国籍な英語を聞きながら、スピーキング力を伸ばしたい人にお勧めです。